首の筋肉を鍛える「トレーニング Information」

首の筋肉を鍛える

首の筋肉について

首の筋肉は鍛える器具などが一般的ではなく、首の筋肉を鍛える事は難しいと思われていますが、実は意外と効果がでやすい箇所とされています。
その理由は首の筋肉は日常生活や通常の球技などのスポーツなどを行っていても、首の筋肉はほとんど使用される事がない為、トレーニングの刺激に反応しやすい事にあります。
それでは以下に代表的な首のトレーニング方法を掲載しておりますので、ご覧下さい。

首の筋肉が特に必要なスポーツとしてはレスリングなどがあげられますが、レスリングの首の筋肉のトレーニング方法として昔から取り入れられているのが、首でブリッジを行う「レスラーブリッジ」です。
レスラーブリッジは首で体重を支え、首を上下左右に動かして重心を変える事によって、首を様々な方向から刺激し、首の筋肉を鍛える事ができます。
一見すると首はほとんど動いていない為、あまり効果はないように見えるかもしてませんが、このブリッジは首にかかる負荷に対して耐える運動で大きな効果があります。
ブリッジイメージ

その他の首のトレーニングとしては、自ら頭をタオルや手などで押したり引っ張ったり、パートナーから頭を押してもらったりなどする事で首の筋肉を鍛える方法もあります。
首のトレーニングイメージ
上記の例では顎を手で押し上げる力に対して、頭を動かさないように耐えるトレーニングとタオルで前に引っ張る力に対して、首の後ろの筋肉に力を入れて耐えるトレーニングです。
同じような形で更に左右の力に対しても耐えるトレーニングを行う事で首の筋肉を鍛える事ができます。
アクセスランキング TOP10