足の筋肉を鍛える「トレーニング Information」

足の筋肉を鍛える

足の筋肉のトレーニングについて

足の筋肉は大きく分けて、「太もも前部(大腿四頭筋)」「太もも後部(ハムストリング)」「内もも」「ふくらはぎ」などがありますが、それぞれ最も効果的なトレーニング方法が違う為、ひとつひとつ項目を分けてご紹介しています。
尚、足の筋肉に大きく関係している「お尻」の筋肉はカテゴリ分けの都合上、「体」の方に分類していますので、お尻の筋肉に関してはそちらをご参照ください。

太もも前部

太もも前部の筋肉は体の中で最も大きい筋肉のひとつと言われている「大腿四頭筋」と呼ばれている筋肉です。この部分の筋肉は足を使う場合はとても重要で、大腿四頭筋の筋力が弱いと膝の関節などにも負担をかけてします。
以下のリンク先ページにて大腿四頭筋の詳しいトレーニング方法をご紹介しています。

太もも後部

太もも後部の筋肉は分類的には「ハムストリング」と呼ばれています。ハムストリングはダッシュ力に大きく関係している筋肉で、短距離走などを走る場合はこの部分が強いとダッシュ力だけでなく、太もも前部の大腿四頭筋への負担も減らす事ができます。
以下のリンク先ページにてハムストリングの詳しいトレーニング方法をご紹介しています。

内もも

内ももは足を閉じたり、足の幅を広くとった状態で立ち上がる際に使われる筋肉です。
ここが引き締まっていると足のラインの完成度が高まると言えるでしょう。

ふくらはぎ

ふくらはぎの筋肉は遺伝の影響を最も受けやすいと言われている箇所のひとつである為、トレーニングの効果が出にくい筋肉だと言われていますが、ふくらはぎを意識し、集中的に長くトレーニングを行えば必ず成果はあがります。
アクセスランキング TOP10