内ももの筋肉を鍛える「トレーニング Information」

内ももの筋肉を鍛える

内ももの筋肉について

内ももの筋肉は主に「長内転筋」と「薄筋」で構成され、主に両足を内側に閉じる際や、足の幅を広くとって立ち上がる際などに働きます。
この内ももの筋肉が弱ってくると足が閉じにくくなり、気を抜くと自然と足が開くようになっていくと言われています。
上記のような理由から、女性の方は特に、この内ももの筋肉のトレーニングを行う事によって、女性らしい姿勢や身のこなしが容易にできるようになると言えます。
以下にメインターゲットを内ももの筋肉としたトレーニング方法をご紹介します。

オープンスタンススクワット

スクワットは下半身を鍛えるトレーニングとして大変、優秀な種目ですが、内ももをメインターゲットとしたい場合は少し姿勢が異なります。
この内ももの筋肉に効果のあるオープンスタンススクワットとは足幅を広く取り、つま先を外側に向けます。その状態で腰を落とし、スクワットを行う事で内ももの筋肉を特に刺激する効果があるトレーニングとなります。

ヒップアダクション

ヒップアダクションとはマシンを使い、立った状態、もしくは座った状態で足を閉じる運動を行う、内ももの筋肉に特化したトレーニングです。
ジムにはこうしたマシンがありますが、自宅で行いたい場合は家庭用のマシンもあるのでそちらで代用するのも良いでしょう。
以下のリンク先ページにて具体的なトレーニング方法をご紹介します。
アクセスランキング TOP10