ふくらはぎの筋肉を鍛える「トレーニング Information」

ふくらはぎの筋肉を鍛える

ふくらはぎのトレーニングについて

ふくらはぎの主要筋肉は「腓腹筋」と「ヒラメ筋」と呼ばれる二つの筋肉です。ふくらはぎが発達していると相対的に足首がしまっているように見えるという効果があります。
また、男性の方はふくらはぎの筋肉が太くしっかりとしていると力強い印象を与える事ができますが、女性の方は太くしたくないという方が多いと思われますので、女性の方は軽い負荷で長時間行うなどして引き締め効果をねらったり、筋肉を出来るだけ上部にもってきてスラッとした形の足を作る為のトレーニングがおすすめです。
ふくらはぎの筋肉は遺伝の影響を受けやすい部位で、人によってはかなり太くなりづらい筋肉なので、個人差が出るのはしょうがないという事を意識しておいた方がよいと言えるでしょう。(※逆に遺伝的に太い人は細くなりづらい)

しかし、遺伝の要素が強いとは言っても、トレーニングの効果は必ずあらわれますので、地道に続けていく事が最も大切な事だと言えるでしょう。
以下にふくらはぎの代表的なトレーニング方法を解説していますので、ご一読下さい。

カーフレイズ

カーフレイズは強い強度を求めないのであれば、道具を使用せずに行う事ができる、代表的なふくらはぎのトレーニング方法です。具体的には立った状態から足首を伸ばして爪先立ちするような形で行っていきます。また、マシンを使ったものであれば、座った状態や腰を折った形など様々な体勢で行うものがあります。
下記のリンク先ページにて詳しい方法を解説しています。

レッグカール

レッグカールはマシンを使っておこなう、ハムストリング(太ももの後ろ側の筋肉)とふくらはぎを鍛えるトレーニングです。マシンを使う事によって強い負荷の運動も安全に行う事ができますので、ジムなどに通われている方は試してみるのもよいでしょう。
アクセスランキング TOP10