胸の筋肉を鍛える「トレーニング Information」

胸の筋肉を鍛える

胸の筋肉について

通称、「胸筋」と呼ばれる胸の筋肉の事を正式には大胸筋と言いますが、胸の筋肉である大胸筋は大きく分類すると、上部(鎖骨筋)中部(胸肋部)下部(腹部)に分けられます。
競技種目にしろ、見た目にしろ、より高い目標を持ってトレーニングを行うのであれば、この3つの部位を分けて考えつつ、対象の胸の筋肉を意識してトレーニングを行う必要があります。
例えば、自重で行うトレーニング種目の代表格であるプッシュアップ(腕立て伏せ)で、それぞれの部位を分けて鍛えるのであれば、足の高さを変えて行うなどの工夫が必要です。
これから、胸の筋肉のトレーニングの方法をご紹介していきますが、具体的にどこの部位に効くのかという事を同時に記載していますので、そこも合わせてチェックして下さい。

プッシュアップ(腕立て伏せ)

プッシュアップは一般的には腕立て伏せと呼ばれている種目で大胸筋を鍛える種目としては最も手軽にできる運動のひとつです。
実はやり方によって、効果の出かたが全く違うトレーニング方法なので、もう理解しているという方もご一読される事をオススメします。

ベンチプレス

ベンチプレスは上半身の7割を鍛える事ができると言われている代表的なトレーニングのひとつですが、その種類は多く、通常のベンチプレス以外にもインクラインプレスやデクラインプレスなど効果の箇所の違うトレーニングもあります。
以下のリンク先ページにて詳しくご紹介していますので、ご覧ください。

ダンベルプレス/フライ/プルオーバー

ここではダンベルを使って行う三種類の大胸筋のトレーニング方法をご紹介します。ダンベルを使って行う場合はフォームによって扱えるウエイトが全く違ってきますので、ウエイトを増やす事を目標とせず、より筋肉に効いているか、という事に重点をおいてトレーニングを行った方がよいでしょう。

マシンを使った胸のトレーニング

マシンを使った胸の筋肉のトレーニングとして、「チェストプレス」「ペックデック」「ケーブルクロスオーバー」などをご紹介します。
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
アクセスランキング TOP10