体の筋肉を鍛える「トレーニング Information」

体の筋肉を鍛える

体の筋肉のトレーニングについて

体の筋肉とした場合、頭・胴・手足などをまとめた全身の筋肉を指す場合と、五体から手足などを除いた部分(胴体と言われる場合もある)を指す場合とがある思われますが、ここでは後者の意味でまとめており、別カテゴリにしている「腕」と「足」以外の体の筋肉のトレーニング方法をご紹介しています。
胴体部分の筋肉は全身の筋肉をつなげている重要な筋肉であり、筋トレを行う場合はまず最初に鍛えるべき箇所だと言えます。
それでは以下に胴体の部分ごとのトレーニング方法をご紹介します。

大胸筋

大胸筋とは通称「胸筋」と呼ばれる胸の筋肉全体の総称で、腕を使って前に押し込む際に働く筋肉です。
以下のリンク先ページにて大胸筋のトレーニング方法をご紹介しています。

背中

背中の筋肉が発達すると体に厚みが生まれ、腕を引き込む力が強くなります。
また、後ろ姿のシルエットも大きく変化するので、見せる為の体を作る上でも重要な箇所となっています。

腹筋

腹筋は主に腹の部分から体を起こしたりする場合に働く筋肉で、見せる筋肉の代表格とも言える筋肉です。

腰の筋肉は美しい姿勢を保ったり、体の重心のバランスを制御したりする際に重要な筋肉で、インナーマッスルと呼ばれている部分のひとつです。
見た目はあまり変わりませんが、この部分を鍛えると肉体のパフォーマンスの向上が期待できます。

臀部と言われる、お尻の筋肉はヒップアップにも役立ち、下半身を動かす上でとても重要な役割を担っている箇所です。
以下にお尻の具体的なトレーニング方法をご紹介しています。
アクセスランキング TOP10