腕の筋肉を鍛える「トレーニング Information」

腕の筋肉を鍛える

腕の筋肉のトレーニングについて

腕の筋肉とされている箇所は大きく分けると、「」「上腕二頭筋」「上腕三頭筋」「前腕」などがあがりますが、それぞれの箇所に対して、効果的だと考えられているトレーニング方法を項目ごとに分けてご紹介しています。尚、肩は腕の筋肉とは言えない場合もあるかもしれませんが、ここで扱っている肩の筋肉とは主に三角筋を指しており、一般的な見方から腕の一部と見られているようなので、「腕」カテゴリ内で掲載する事にしました。
以下、腕の筋肉のパーツごとのトレーニング方法をご紹介します。

既にご説明しましたがここで扱う肩とは首周りの「僧帽筋」は含めずに肩幅の一番外側になる「三角筋」だけを指しています。
以下のリンク先ページにて、肩を集中的に鍛える方法をご紹介しています。

上腕二頭筋

上腕二頭筋とは、一般的に「力こぶ」と呼ばれている部分の筋肉です。筋肉と聞いて、多くの人がまず思い浮かべるのがこの部分かもしれませんね。
それでは、以下のリンク先にてご紹介します。

上腕三頭筋

上腕三頭筋とは女性の間で「ニの腕」と呼ばれている部分の筋肉です。厳密に言うと内側の力こぶの部分もニの腕なのですが、現在では外側のこの部分のみを指している事が多いようです。
以下のリンク先ページにて「二の腕」を鍛える方法をご紹介します。

前腕

前腕とは腕の肘から手首までの部分を指しています。この部分は目に触れやすいので、トレーニングしたいという方も多い事でしょう。
また、前腕は手首の力や握力を決める部分でもあります。
アクセスランキング TOP10