腹筋を鍛える「トレーニング Information」

腹筋を鍛える

腹部の筋肉について

男性とって、ハッキリと割れた力強い腹筋は憧れのひとつだと思います。腹筋を浮き上がらせるには、まず、有酸素運動などで体脂肪を減らす事が重要ですが、それだけではボコボコした腹筋にはなる事はありません。
単純に痩せてるだけの人でも腹筋は見えますが、力強く立体的に割れた腹筋にする為にはお腹の中心部分にある、腹直筋を肥大化させ、厚みを出す必要があります。 また、多くのスポーツにとっても体の中心を支えている腹筋は重要で、腹部の筋肉を強くする事で不安定な姿勢でも体を安定させる事が出来るようになります。
それでは、以下に腹部の筋肉の具体的なトレーニング方法をひとつひとつ解説していきます。

クランチ

クランチとは仰向けになった状態で足を天井に向かって伸ばし、そこから膝を直角に曲げてから行う腹筋運動です。
この運動を行う場合、体を大きく起こす必要はなく、少し体を曲げるだけで効果があります。クランチにはベンチを使ったものなど複数の方法がありますので、以下のリンク先ページにて詳細をまとめています。

シットアップ

シットアップとは一般的に行われている腹筋運動と呼ばれているものとほぼ同じもので、非常に有名なトレーニング種目のひとつです。
シットアップを行う際は膝は伸ばさずに軽く曲げてから行う方が効果的だと言われています。また、この種目にもベンチを使ったものなど、いくつかの種類があります。
以下のリンク先ページに詳細をまとめていますので、ご参照ください。

レッグレイズ

レッグレイズは通常の上体を持ち上げる腹筋運動とは逆に上半身を固定して、足を持ち上げて行うトレーニングです。
足を持ち上げる事によって、腹筋の下部、いわゆる下腹に最も強い効果がある為、女性にも人気の高いトレーニング種目となっています。

サイドベンド

腹部の横にある腹斜筋を鍛えて脇腹を引き締める効果のあるトレーニングです。立ったままでき、大きな動きのない運動なので、ダンベルなどのウエイトさえあればどこでも出来るというメリットがあります。
詳しいトレーニング方法などは下記のリンク先ページで解説していますのでご覧ください。
アクセスランキング TOP10